カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

「大人の鉛筆」をカスタマイズ

みんさん、鉛筆を使っていますか?
シャープペンシルではなく、鉛筆大好きな僕は毎日鉛筆を使っています。

もっと多くの人に鉛筆を使ってもらいたいのですが、鉛筆って面倒ですよね。
書くためにはわざわざ削らなければなりません。

でも鉛筆はどんな姿勢でも書けて、黒鉛の濃淡でその時の気分が見えたりします。

そんな素敵な鉛筆をもっと多くの人に使ってもらいたいです。
鉛筆を削るという行為も含めて、僕は大好きなのですが、もっとお手軽に鉛筆を楽しめるものがあります。

それは北星鉛筆さんから発売されている「大人の鉛筆」です。

www.kitaboshi.co.jp

大人の鉛筆

これはざっくり言うと、通常の鉛筆と同じく2mmの太さの芯が使えるシャープペンシルです。
軸は鉛筆と同様の「木」である、アメリカ産インセンス・シダー材で作られています。
持った時の温もりだけで、子供の頃を思い出してしまいます。
ただ大人が使うことを考えて、木軸部分の太さは鉛筆より1mm太くなっています。たかが1mmですが、この違いは大きいです。この1mm太くなっているだけで、持ちやすさが増しています。

シャープペンシルは、だいたい0.5mmの太さの芯だとどうしてもカリカリとした書き味があります。でも、2mmの太さだとカリカリと言うよりも、サラサラといった感じです。
硬度はHB・B・2Bがあります。あと赤色の芯もあります。

シャープペンシルと同じなので、削って芯を出す必要はありません。
芯を繰り出す機構がペン先側にあるので、ちょうど重心がペン先に来ていて、鉛筆よりも書きやすいです。

2mmの太さのある芯なのでそのままだと、どうしても字幅が太くなってしまうので、芯削りもあります。
芯削りで芯を尖らせます。

カスタマイズ

気軽に使える鉛筆として、とっても重宝しているのすが、どうしても長さが気になっていました。
ボールペンや万年筆と比較すると、3~4cm程度長いんですよね。
そうすると、どうしても視界にノック部が動くのが気になって仕方がありませんでした。

気になるなら、切ってしまえば良い。と思いました。

f:id:Pi-suke:20180525194048j:plain:w300
奥が標準の長さ、手前が短くカスタマイズした「大人の鉛筆」
幸い軸は木製なので、ナイフで好きな長さに切断しちゃいました。
軸は木製なので問題はないのですが、芯を入れている部分はプラスチックでしたが、これもナイフで思い切って切断しました。

だいたい3.5cm短く切断して、削った部分はサンドペーパーで滑らかにしました。
作業時間はだいたい5分くらいでした。

ただ3.5cm短くしたので、芯がはみ出してしまいます。
そのため芯を入れ替える時には、半分くらいに芯を切断する必要があります。

鉛筆は長すぎて、なかなか使いにくいのですが、この「大人の鉛筆」ならシャープペンシルの機構で、木軸なので好きな長さに切断して、使いやすくできます。

それこそその気になれば、お尻の部分をちょこっと薄く削って、名前を書き込むことだってできます。

※このカスタマイズは、自己責任でお願いします。短くなったものは長くはなりませんので、くれぐれも注意してください。

 

使いにくいのであれば、その使いにくい部分をなんとかしてみる。そうすると使いやすさがグッとアップしました。

鉛筆はどんな姿勢でも、筆圧によって濃淡が表せる優れた筆記具です。削る必要のない「大人の鉛筆」で改めて鉛筆を使ってみませんか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。