カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

親子のコミュニケーションツール「kazokutte」

学研ステイフルさんから、2018年5月17日(木)に、新ブランド「kazokutte(カゾクッテ)」第一弾が発売されます。

info.gakkensf.co.jp

kazokutte のコンセプトは、

「kazokutte」は“家族みんながハッピーになれる商品を!”という思いから誕生しました。「kazokutte」のアイテムを使うことで、“まなび”に触れながら家族がともに育ち、つながりを深め、笑顔になることができる・・・そんな、家族のきずなを深めるブランドとして様々なアイテムをご提案します。

共働きしていると、なかなかお子さんとコミュニケーションが取れないですよね。
場合によっては、平日は寝顔しか見られないなんていうお父さんも見えるかもしれません。

コミュニケーションをいかに取るか、なかなか難しいですよね。
でも、今回発売される商品は、そういった問題を解決する一助になるかもしれません。

第一弾は「家族でお手紙の交換」と「交換日記」です。
これらは保存しておけば、子どもの成⾧記録・思い出となります。

家族でお手紙の交換

f:id:Pi-suke:20180522203828p:plain:w300f:id:Pi-suke:20180522203823p:plain:w300

手紙の交換が楽しめるように、可愛らしいポストです。
お子さんは寝る前にポストに投函して、夜のうちにお父さんが返事を書いて、ポストに投函。翌日の朝にお子さんがポストを開けると、お父さんからの返事が入っている。
想像しただけで、ほっこりします。

お手紙のデザインも可愛らしいです。きっと書くことが楽しくなることでしょうね。

f:id:Pi-suke:20180522203818p:plain:w300f:id:Pi-suke:20180522203812p:plain:w300

ちゃんとお手紙を保管するアルバムもあります。

交換日記

交換日記は、僕は人生で一度だけ母親としていました。
母親が入院していたので、その時に毎日病院にお見舞いにいく時に書いて行きました。この交換日記は、今でも大切に保管しています。(ただ恥ずかしくて誰にも見せられません)
内容は学校で何があったとか、取り留めのない内容ばかりですが、ほんとこれは大切な思い出です。

取り留めのない内容ですが、将来本当にいい思い出になること間違いないです。
僕が使っていたのは、交換日記には味気ないCampus ノートでしたが、この商品は可愛らしいデザインです。

f:id:Pi-suke:20180522204635p:plain:w300f:id:Pi-suke:20180522204630p:plain:w300

嬉しいのが、お子さんの書いた内容に対して、返信できるレイアウトになっている点と、親が書く文量が少なくなっている点です。
マス目が大きいとそこを埋めるのに、大変な思いをしてしまいますが、これくらいの大きさなら書けるのではないでしょうか。

 

共働きで親子のコミュニケーションが夜の少しの時間だけだったり週末だけだったりと、なかなか難しいご家庭は試しに導入されてはいかがでしょうか。
と独り者の僕がいうのもなんだか変な話ですが・・・

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。