カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

1冊から手帳が作れる「ネットde手帳工房」に新機能が追加されます

1冊から作れる製本手帳「ネットde手帳工房」さんから、追加コンテンツの発表がありました。

ネットde手帳工房

まずは「ネットde手帳」とはなんぞや?というと、1冊から自分の思うデザインの手帳が作れる。というサービスです。
以下は以前に紹介した記事のリンクです。

pi-suke.hatenadiary.jp

今回追加されるコンテンツは、 - 飾り原稿用紙(7月上旬公開予定) - 手書きレイアウト(7月上旬公開予定) - お試しデザイン機能(8月末公開予定)

です。

飾り原稿用紙

2016年の日本文具大賞のデザイン部門のグランプリを受賞した、あたぼうステーショナリー商品です。
本商品はA4サイズの原稿用紙なのですが、枠などがおしゃれなデザインになっています。
※以下は、以前に飾り原稿用紙を紹介した記事です。

pi-suke.hatenadiary.jp

(飾り原稿用紙は僕も愛用させて頂いています。ちなみに僕は飾り原稿用紙ユーザ会 会員番号11です)
対応予定は、港煉瓦・碧翡翠・金鶯錯とのことです。
嬉しいですね、僕の愛用しているデザインの港煉瓦が含まれています。

気になるのは、ネットde手帳はA5サイズですので、片面に400字詰めになるのか?用紙は飾り原稿用紙の用紙なのか、ネットde手帳の用紙なのか?

続報を追いかけなければなりません。

手書きレイアウト

イラストレーターやライターの方が作成した手書きレイアウトを、サンプルから選択できるようになります。

とのことです。
どういう手書きレイアウトなのか、気になります。

でも手書きレイアウトだと、きっちりしたラインではなく、味のあるレイアウトじゃ無いかな?と思っています。

お試しデザイン機能

これは機能追加ですが、現状ではユーザー登録をしないとデザインを確認することができません。

ネットde手帳に興味はあるけど・・・という人がより試しやすくなります。
ただし、手帳を保存・注文するときは、アカウント登録が必要になります。

 

昨年リリースされたばかりの新しいサービスです。
1冊から作れるので、自分のニーズに合致した手帳が作れます。
そのため4月始まり・1月始まりとか気にすることなく、手帳が作れます。従来は1冊だけ手帳を作れるなんて想像だにしませんでした。

手帳はその人の生活・人生そのものですので、手帳を使っている人はぜひ一度このサービスを確認して見てください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。