カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

極太フリクションが発売されました

フリクションが発売された当初は、ボールペンで書いた文字が消せる。というので衝撃的だったことを覚えています。
今ではこのフリクションが仕事の必須アイテムになっている、フリクションジャンキーの人も居るのではないでしょうか?

そんな消せるボールペンの代名詞のPILOT のフリクションボール ノックに、1.0mm芯が発売されました。
プレスリリース

これまでボール径が0.38mm、0.4mm、0.5mm、0.7mmが発売されていましたが、今回1.0mmが追加になりました。

ボディなどは従来のものと大きく違いはありません。

f:id:Pi-suke:20180515202117j:plain:w300
上が1.0mm、下が0.5mmです
消去用ラバーの色をダークシルバーに仕上げ、他の「フリクションボールノック」とのボール径の違いがわかりやすくなっています。

実際に手元にある0.5mm と、新たに今回購入した1.0mmで試筆しました。
(用紙は白色度92%のモンテルキアです。)

比較のために、ジェットストリームとも比較しました。

f:id:Pi-suke:20180515195835j:plain:w300
フリクションジェットストリームの比較試し書き
1.0mm径になったので、黒らしい色味になっています。従来のボール径だとちょっと淡い印象なんですよね。

フリクションですので、実際に決してどうかも試しました。

f:id:Pi-suke:20180515195943j:plain:w300
上が0.5mm、下が1.0mmです

1.0mm径は、少し跡が残るように感じます。

 

日本語は画数が多いので、日常的に1.0mmで文字を書くことは少ないと思います。0.5mmと1.0mmでは字幅は全く違うので、マーキングに使うのに良さそうです。
ちなみにインクは、ブラック・レッド・ブルー・ブルーブラックの4色展開です。
聞くところによると、今は高校生もボールペンで板書書きをされて居るそうなので、印をつけたりするのに活用できそうです。
(こんなことをツラツラと書いていますが、実は僕はフリクションが苦手なんですw

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。