カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

おしゃれな「びわこ一筆箋」

地元愛溢れるコクヨ工業滋賀さん

コクヨ工業滋賀

昨年のISOTの日本文具大賞では、琵琶湖が描けるテンプレートの「びわこテンプレート」がデザイン部門の」優秀賞を受賞しています。

地元愛だけでなく、地元の環境保護にも力を入れています。

その環境保護活動は、ReEDEN プロジェクトとして葦(ヨシ)を使った商品がいくつか発売されています。

「びわこ文具」という独自ブランドで、滋賀県・琵琶湖の魅力を伝えています。

今回はその「びわこ文具」から、新商品の「びわこ一筆箋」を紹介します。

f:id:Pi-suke:20180510203147j:plain:w300
びわこ一筆箋

これは環境保護活動のReEDEN プロジェクトの一つで、琵琶湖・淀川水系のヨシを使用した紙で作られています。

ただヨシを使った紙が使われているだけでなく、「琵琶湖」と「湖魚」の透かし(water mark)2柄で24枚綴りです。

f:id:Pi-suke:20180510203230j:plain:w300
透かし「琵琶湖」

f:id:Pi-suke:20180510203403j:plain:w300
透かし「湖魚」
最初見たときは、透かしが分かりませんでした。

光にかざすと確かに琵琶湖と魚の透かしがありました。

一筆箋には罫線が印刷されていないので、まっすぐ文字が書けるかな?と不安になったのですが、ちゃんと罫線の下敷きが付いて来ていました。

f:id:Pi-suke:20180510203419j:plain:w300
罫線下敷き

用紙が薄いので、この下敷きを敷くとちゃんと罫線が確認できて、まっすぐ書くことができました。

せっかくなので、ちょっと書いてみました。

f:id:Pi-suke:20180510203304j:plain:w300
ゲルインクボールペンで試筆
f:id:Pi-suke:20180510203328j:plain:w300
鉛筆で試筆

筆記面はツルツルとしているのですが、裏面はザラザラとしています。

和紙の温かみを感じて触っているだけで楽しく、幸せな気分になります。

万年筆でもよほど裏抜けすることはないんじゃないかな?と思う紙質です。

いい紙で気持ちを伝えると、書くときも楽しいのですが何より受け取った相手も嬉しいでしょうね。

こういう品質・デザインの優れた一筆箋はついつい購入してしまいます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。