カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

書類をめくったまま固定できるクリップボード「マグフラップ」

クリップボードを使っていて僕が不憫な点は、壁などに貼り付けできない点と、めくった紙が固定できない点です。
壁にくっ付かないのは、マグネットシートを裁断してクリップボードの裏側に両面テープで貼って、スチールなどの壁に張り付くようにしていますが、もう一つのめくった紙が固定できないのは諦めていました。


そうしたらキングジムさんから5月18日に、これらの問題を解決してくれるクリップボードが発売されるそうです。

f:id:Pi-suke:20180418201247p:plain:w300
マグフラップ
www.kingjim.co.jp

2箇所にマグネット

f:id:Pi-suke:20180418201403p:plain:w300
背面にマグネット

背面フラップを搭載し、そこをマグネットでくっ付けるとのことです。
これならめくった紙を固定することができます。

f:id:Pi-suke:20180418201436p:plain:w300
底面にマグネット
さらに底面にもフラップをつける事によって、紙が折れてしまう事を防ぐことができます。
ここにもマグネットが付いています。

マグネットの力でスチール面などに貼り付けられる

上記の2箇所のマグネットにより、スチール面などに貼り付けることができます。

f:id:Pi-suke:20180418201853p:plain:w300
スチール面などに貼り付け可能
スチール面などに貼り付けられると、例えば会社のサイドテーブルにくっつけておいて、必要に応じてサッと取り出すことができます。
必要な時にスムーズに取り出せる上、サイドテーブルの側面に貼り付けるので場所も取らないというメリット。

ただスチール面に貼り付けるようにするためには、納枚数は最大でA4コピー用紙10枚までとのことです。
僕自身は、とっさのメモや手順書などを挟んで、スチール面などに貼り付けて閲覧する方法なので、特別10枚でも問題はないです。



手順書や要領書を確認しながらの作業や、メモや回覧書類を綴じるのに適していると思います。
発売されたら、購入して使い勝手を確認したいです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。