カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

【新製品】抜けにくい鉛筆キャップ「CUPOT」

学童文具のSONiCさんから抜けにくい鉛筆キャップの「CUPOT(キュポット)」が2018年2月から発売されます。

f:id:Pi-suke:20180129192252j:plain:w300
www.buntobi.com

デザインなど業務によっては一概に言えないでしょうが、大人になったら縁遠くなる筆記具の代表格は鉛筆ではないでしょうか。
僕はいまだに鉛筆をよくつかっていますけどね。
幸い僕は専用のカバー兼エクステンションがあるので、問題はないのですが鉛筆を使っていて困るのが、削った鉛筆の芯をカバーすることではないでしょうか。
大人に限らず鉛筆が主の筆記具の小学生の悩みですよね。
僕も小学生の頃に、多分アルミだと思われる金属製の鉛筆キャップを使っていました。
でも、鉛筆キャップで抜けたり、奥までハマってせっかく削った芯を痛めたりと悩みがつきませんでした。

そんな数々の悩みを解決してくれるであろう鉛筆キャップが、今回発売される鉛筆キャップの「CUPOT」です。
f:id:Pi-suke:20180129192837j:plain:w300

この「CUPOT」は、差込口が柔らかいゴムでできているので、鉛筆を痛めることも無いです。
さらに内側に滑り止めが付いているそうなので、抜け落ちるようなことも無いそうです。

内側の形状も膨らみを持たせているので、万が一差込過ぎても鉛筆キャップを痛めることが無いように設計されています。

対応している鉛筆も、良くある六角形だけでなく色鉛筆に多い丸形にも、三角形のJIS規格の形状に対応しているそうです。

価格 200円(税別)
入り数 6個
色展開 レインボー / ガーリッシュ / ボーイッシュ


「これ以上、進化するのか?」と思われるような鉛筆キャップも日々進化を続けていて、本当に自分が小学生の頃にこんな優れた鉛筆キャップがあったらよかった。と学童文具の新商品を知るたびに毎回こんなことを思ってしまいます。



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。