カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

店内で試し書きなど遊べる「文房具カフェ」

*写真は全て撮影許可を得ています。
先日、東京に遊びに行った時にオシャレな街の表参道にも行ってきました。
オシャレとは縁遠い僕が何をしに行ったのかというと、文房具カフェさんのランチが目当てです。

f:id:Pi-suke:20180121132838j:plain:w300
文房具カフェ

場所は表参道駅のA2出口を出るとApple 表参道店があるのですが、その路地からから5分程度です。
f:id:Pi-suke:20180122200340p:plain

お店は地下1階なのですが、看板があるので通り過ぎるようなことはないでしょう。

文房具カフェとは

文房具カフェさんは、文房具のセレクトショップとカフェが一緒になったお店です。
お店の半分は文房具のセレクトショップ、半分がカフェです。

カフェ

カフェなので、ドリンクやフードメニューが豊富です。
ランチでもプレートやピザ・パスタなど色々あって悩みます。
先日は、プレートメニューの「bc自家製 はちみつ味噌につけた豚味噌御膳」を頂きました。
f:id:Pi-suke:20180121135036j:plain:w300
疲れた体に蜂蜜の自然な甘さと味噌が沁みました。
カフェとしてもすっごくレベルが高いと思います。

文房具の販売

文房具の販売も行われており、普通の文房具店では見ないようなオシャレな文房具がいっぱいあります。
「猫と文房具」という文房具も扱われています。
f:id:Pi-suke:20180121145719j:plain:w300

それ一部ですが、こんな感じです。
f:id:Pi-suke:20180121151233j:plain:w300


店内の一部の文房具は実際に使えます

店内の一部の文房具は実際に使うことができます。
f:id:Pi-suke:20180121145628j:plain:w300
f:id:Pi-suke:20180121145642j:plain:w300
写真は全てではなく一部です。
高品質なカラーマーカーのcopicも全色使うことができます。
もう絵心がある人は、ワクワクするでしょうね。
実はカフェのランチョンマットが画用紙なので、描いて遊ぶことができます。
f:id:Pi-suke:20180121133448j:plain:w300

会員になると・・・

文房具カフェさんの机には、鍵のかかった引き出しがあります。
この鍵は会員になるともらえて、引き出しの中の文房具も自由に使えるんです。
しかも、引き出し毎に中に入っている文房具は違います。

僕も会員になって「秘密の鍵」を受け取っています。
f:id:Pi-suke:20180122202514j:plain:w300

会員になると、引き出しの鍵が開けられるだけでなく、カフェメニューが10% OFF になるそうです。
入会金として700円が発生しますが、入会金を支払うだけの価値があります。
先日来店した際には、計画して来店した訳ではないので「秘密の鍵」を持ってきていませんでした。
しかし、店員さんと某イベントでお会いしており顔を覚えていてくれたので、スペアーキーを貸し出してもらいました。
ある意味、顔パス状態でした(笑)

文房具に興味がなくても、絵を描くことが好きだったり、手を動かして工作をするのが好きな人は、ずっと遊んでいられるかと思います。


文房具に興味がある人は、東京に行った際には文房具カフェさんでランチをしてください。
こんな素敵な素敵なお店、是非とも愛知にも出店して欲しいです。



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。