カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

書けるクリアファイル

昨年のISOTに参加した際に、ビバリーさんが鉛筆で表紙にメモの「書けるクリアファイル」を発売されていることを知りました。
実はお土産に1つ頂き実際に鉛筆で書いてみましたが、非常に書きやすくて消しゴムでも綺麗に消すことができました。そのため繰り返し使用することができる優れものです。ちなみに書き味はトレース用紙のような感じでした。
ただキャラクターが全面に印刷されているため、仕事では使いにくい。
f:id:Pi-suke:20180118202249j:plain

鉛筆で書けるということは、社内回覧やプロジェクトごとにクリアファイルで分けて管理している人は、直接クリアファイルにタイトルを書き込むことができる。
さらに回覧が終わったりプロジェクトが完了したら、消しゴムで消して再利用することができる。
キャラクターさえなければ、社会人にとってもウケると思って、その場にいたビバリーのエライ人にぜひ無地か罫線を商品化してくれるようにお願いしました。


僕の要望が通った訳ではないでしょうが、「書けるクリアファイ」の無地とリストタイプの2種類が2月に発売されることになりました。
株式会社ビバリー

「無地」タイプ

f:id:Pi-suke:20180118203427j:plain
カラーは「ネイビー」「ピンク」「イエロー」「ブルー」の4色です。
無地タイプは上部にタイトルなどを書き込む用かな?大きな枠があります。
その下は無地なので、なんでも自由に書き込めます。メモでもなんでも自由に書き込めます。

「リスト」タイプ

f:id:Pi-suke:20180118203344j:plain
カラーは「ブラック」「パープル」「オレンジ」「グリーン」の4色です。
「リスト」タイプは、右側にタイトルと7項目を書けるようになっています。左側は無地になっています。
リストタイプは、プロジェクトなどそのタスクの関連するToDoをメモすることができます。



従来はクリアファイルの内側に付箋や裏紙などにタイトルやメモを書いて保管していましたが、この「書けるクリアファイル」であれば直接表に鉛筆で書き込むことができます。
クリアファイルでタスク管理を行われている人にはうってつけです。
僕も発売されたらちょっとまとめ買いしておこうと思います。



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。