カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

【バレットジャーナル】運用ルールを決めました

今年からシステム手帳でバレットジャーナルを行う。と決めて2週間が経過しました。
基本体系がとりあえずできたので、メモ的に記録しておこうと思う。

システム手帳には、スケジュール管理としてあたぼうさんの「スライド手帳」のウィークリータイプを入れて、メモなどを記録するように方眼ノートを入れている。
スケジュール管理でもメモでも、同じルールで行うことにした。
それぞれ分けると、いい加減な僕は途中で挫折しそうだからです。
文字の色には意味を持たせないことにしました。文字の色に意味を持たせると、その色の筆記具が必須になるからです。
そのために使用する筆記具も決めていません。


バレットジャーナルの特徴の記号は以下の通りです。
・:タスク(着手すればその日に終わるもの)
  → 完了したら横棒に変形
□:タスク(完了までに日をまたぐもの)
  → 着手したら半分塗る。完了したら塗りつぶす。
○:イベント
△:気になったこと
B:ブログネタのキーワードなど


そして重要度は「PLAY DOT Color」の赤色・緑色・青色で表すことにしました。
記号の上からそれぞれの色のドットを付けて、同じタスクでもパッと見た時に重要度がわかるようにしました。
重要度の表示は、項目を書いたその場でなくても良い、ただしその日のうちに重要度を決めることにしました。


とりあえずは以上の非常に簡単なルールを決めました。ただ、これも運用2週間なので決定という訳では無いです。
ただ運用ルールを決めたために、システム手帳を必ず持ち歩くようになりました。そしてメモページを今まで以上に使うようになりました。
そして、「スライド手帳」が思いのほかバレットジャーナルと相性がいいことがわかりました。
「スライド手帳」にもToDo項目があるのですが、完了しなかった項目を翌週に引き継ぐのに、ページをめくらなくても見開きなので書き写す事が簡単です。
ToDo項目を書き写してから、スライドさせれば引き継ぎ漏れもなさそうです。

まだ月も跨いでいないので、どうなるかはまだまだ分かりませんが、今のところ自分の性格にあっているようです。



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。