カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

お気に入りの消しゴム「013:ERASER」

先日のブログで文字を消すことを倦厭しているにも関わらず、消しゴムは好きです。
自分でもめちゃくちゃ矛盾していると思いますが、好きなのだから仕方がありません。
書いた文字が綺麗に消えるとなんだか気持ちがいいです。

みなさんはどんな消しゴムを使っていますか?
聞いた話では、西日本の人はシードさんの「Rader」
で東日本の人はトンボ鉛筆さん「MONO」を使われているそうです。
僕は愛知県に住んでいるのですが、親の影響なのかシードの「Rader」が身近に感じます。
でも、僕が主に使うのは別の消しゴムです。

それは二トムズさんの「013:ERASER」です。
f:id:Pi-suke:20180110160153j:plain:w300
stalogy.com

二トムズさんというとテープなどのイメージがあるのだが、「STALOGY」というブランドで付箋やボールペンなどの文房具を扱っている。
このブランドはなかなか店頭では見かけないので、通販でまとめ買いしている。
消しゴムを選ぶポイントは「消しゴムの硬さ」「消しカスのまとまり方」「消す時の力加減」「スリーブ(消しゴムのケース)のデザイン」等々がある。
そのどれもが自分の感覚にフィットしている。

f:id:Pi-suke:20180110160706j:plain:w300
実際に「013:ERASER」で消してみた画像です。
消しゴムも筆記具と同じで、感覚の側面が強いので表現が難しい。
商品ページの紹介文を参考に

環境にやさしい非塩ビ系の消しゴムです。消しカスが散らばりにくい材料を使用しています。硬さにもこだわり、独自の心地よい消し感ができました。92〜94%という高い消字率を実現しています。

僕はこの消しゴムの気に入っている点は、なんと言っても消字率の良さです。
上の画像でも解ると思うが、力を意識することのない力加減で、とても綺麗に消すことができる。
そして消しクズが少なく、適度にまとまってくれる。
消しゴム自体を触ると、硬くて滑らかな印象は受けないが、この印象を裏切って滑らか消し心地です。


筆記具と同じく感覚にダイレクトに伝わる文房具なので、1個120円と他のブランドの消しゴムと大きな違いはないので、この消し心地を一度経験してほしい。


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。