カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

2017年のまとめ

残すところ、今年も数時間です。

2017年、皆さんはどうでしたか?
僕はライフワークである文房具において、世界が思いっきり広がった年でした。


特に色々なイベントに参加できて、多くの方々にお会いできたことがとても嬉しかったです。
そんなきっかけになった、文房具朝食会@名古屋の主催の猪口フミヒロ(id:fumihiro1192)さんをはじめ多くのメンバーには、感謝の言葉しか出てきません。
感謝の気持ちを表すのに、本当は一人一人にハグをしたいぐらいなのですが、いい歳した僕がハグをすると相手も嫌がるのでそこは自重します。

そして3月にはこのブログを立ち上げる背中を押してくれた、文房具朝食会@名古屋のSさんには改めて感謝です。
このブログの母は間違いなくあなたです。



このブログを書き続けたお陰なのか、7月に開催された「ISOT - 【国際】文具・紙製品展」には文具PRサポーターとして参加できました。
この展示会に参加したために、自分でも驚くほどに本当に文房具の世界が格段に広がりました。
さらにイベントでは、多くの憧れの文房具業界の著名人の方々にお会いできました。
ISOTというめちゃくちゃ大きなイベントに参加したために、イベントに参加するハードルが一気に下がりました。

文房具関係のイベントというと、2月に岡崎で開催された「おかざき文具博」が初だったのですが、その時と比べるとだいぶ厚かましいというか、そういうイベントを楽しめるようになったと思います。

そのため、11月の「KOBE紙フェス」や12月の「文具女子博」では、色々なブースで何の躊躇もなく説明員の方とお話できるようになっただけでなく、いくつかのブースでは顔を覚えていただけたりと本当に嬉しい限りです。


そして今までは文房具のイベントやコミュニティには参加者という立場だったのですが、今年の後半からは僕がいくつか主催させて頂きました。
特に思い出深いのは、文房具朝食会@名古屋と名城大学の社会連携ゾーンのShakeで行った「OKB48選抜総選挙」です。



今年も色々な文房具を購入して、色々試してきましたが本当に飽きることなく、知れば知るほど文房具の世界は奥が深い。と実感しています。

今年は本当にちょっとした勇気で一歩踏み出すことによって得られることの大きさを実感しました。
来年は広がった世界をさらに広くしつつも、さらに飛躍できるように一歩も二歩も踏み出していきたいです。
そして大いなる野望に近づけるように、歩みを止めないようにしてきます。



最後になりますが、毎日更新を続けられたのもひとえに、読者の方々のお陰です。本当にありがとうございます。
来年も素晴らしい年となることを願って、今年最後の記事を更新します。
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。良い年をお迎えください。