カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

【今年買って良かった文房具】筆記具編

師匠の猪口フミヒロさん (id:fumihiro1192) が、ここ数日「今年買ってよかった文房具」と題していくつか記事を書かれているので、僕も便乗してみます。

ただ師匠と同じでは面白くないので、分野ごとに纏めていきます。


今日は筆記具編として、今年僕が買ってよかったTop3を発表します。

第1位 サクラクレパス「SAKURA craft_lab 001」

craft.lab.craypas.com
ブログでも何度も取り上げたほどです。
改めて記事にするのも、くどいので特徴だけさらっと・・・

子供の頃にお世話になったけど、大人になってから遠ざかってしまっていた文具メーカーさんが大人向けに満を辞して発表されたゲルインキのボールペンです。
お値段はそれなりにしますが、めちゃくちゃカッコいい。
大人が持っていても恥ずかしくない、とっても素敵なボールペンです。

第2位 PILOT「Juice up」

www.pilot.co.jp
何と言っても0.3mm の極細でも、1画目から掠れることなく書ける。という点と発色の良さが抜群です。
購入してからは、手帳はもっぱらJuice up ばかりです。
手帳のように書けるマスが決まっているようなものに、多くの文字を書き込むことにこれほどストレスなく使える筆記具はそうそうないです。

見た目もオシャレで200円とは思えないデザインです。
気に入って10色セットを購入したほどです。

第3位 Tombow 「ZOOM 505」

www.tombow.com
このボールペンはOKB48という48本のボールペンを試し書きして、お気に入りのボールペン1本を選ぼう。というイベントで試筆したうちの1本です。
水性ボールペンの書き味の良さは知ってはいても、キャップが面倒だったりしたのですが、万年筆を使い続けたおかげでキャップをわずわらしく思わなくなりました。
しかし、水性ボールペンに改めて触れる機会がなかったのですが、OKB48で改めて試筆すると、「水性ボールペンありだよ!」となりました。いくつかある水性ボールペンの中でも、Tombow さんのZOOM 505 は、キャップの締め具合が抜群にいいです。
ペンのお尻に挿した際には、なんとも言い難い気持ち良さがあります。

番外編 Graf von Faber-Castell「クラシックコレクション ペルナンブコ プラチナコーティング 万年筆」

www.graf-von-faber-castell.jp
大好きな筆記具メーカーのFaber-Castell さんの伯爵シリーズの万年筆。
これは本当に散々悩みに悩んで購入した一本です。
めちゃくちゃカッコいい。見ているだけでワクワクする。
ちょっと改まってものを書く時には、無くてはならない大事な相棒です。




さて、ざっくりと今年僕が購入して良かった!!という筆記具を紹介しました。
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。