カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

マスキングテープのお共に「クルカット」

マスキングテープはついつい増えてしまう。
今や文具店に限らずお土産屋さんでも、郵便局でも扱われている。
そしてそういったところで販売されているのは、ご当地デザインだったりするので、価格も数百円なのでついつい購入してしまう。
そして家に帰れば、何個・何十個、人によっては3桁だったり・・・

そしていざ使おうと思うと、断面がガタガタでキレイに切れずにもやっとする。
使うときにハサミを使えばいいけど、もっと手軽にキレイに切れないか。と悩ましい問題だった。
いや、すでにマスキングテープの専用カッターとして何種類も発売されている。しかし、既存製品は取り外しが面倒で、複数のマスキングテープを使うときには勝手が良くなかった。

そんな不満をいっきに解決してくれたのが、KOKUYO さんから発売された「クルカット」だ。
f:id:Pi-suke:20171207201518j:plain
商品特長 カルカット(クリップタイプ)|テープカッター〈カルカット〉|商品情報|コクヨ ステーショナリー

この商品はマスキングテープの幅が、「10~15mm」「20~25mm」の2種類ある。
店頭でサンプルを試したところ、簡単に着脱できて切れ味も良いので購入した。

使い方はとっても簡単。
洗濯バサミのように、写真のようにマスキングテープを挟むだけ。
f:id:Pi-suke:20171207201546j:plain
あとは使う分だけマスキングテープを出して、この挟んだ「クルカット」を押さえながら切るだけ。
ハサミなどほどの切れ味はないが、実用上の問題はない。
f:id:Pi-suke:20171207201630j:plain
写真の左側が「クルカット」で切った断面。右側がフリーハンドで切った断面だ。
一目瞭然、「クルカット」の方がキレイだ。


この商品の最大の特徴は、
・クリップタイプなので使う時に挟むだけ。
「クルカット」は嵩張らないので、マスキングテープを使う人はペンケースなどに入れておいて損はない。
そしてマスキングテープそれぞれに用意する必要はなく、「10~15mm」「20~25mm」の2種類をそれぞれ1個あれば十分だ。

複数のマスキングテープを使う頻度が高い人は、絶対に買って損はない商品だ。