カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

知育塗り絵「Painta holic」

先日、名古屋駅に隣接しているGATE TOWER MALL を徘徊していました。
主目的はSmith さんに、何か面白いものは無いかな~と定期観察でしたが、まぁいつも通りか~と思いつつ、ぶらぶらしていたら、2階のフロアに面白いものが特設コーナーで販売されていました。

f:id:Pi-suke:20171202193011j:plain
ぬって、ぬって、ぬりまくる!お話が生まれそうな知育ぬり絵“Painta holic”を新発売!|カメヤマ株式会社のプレスリリース

f:id:Pi-suke:20171202193047j:plain
こんなポップ?があり、めちゃくちゃ楽しそうな雰囲気です。
何なのか興味が沸いて店員さんに聞いたら、「イラストの枠線だけが書いてあるロール紙で、お子さんの知育におススメですよ~お子さんにおひとつどうですか?」っと勧められました。
そうですよね、僕の年齢なら対象の子供がいても不思議ではないですもんね・・・( ノД`)


閑話休題
発売元のカメヤマキャンドルハウスのプレスリリースを確認です。

(株)タイガアソシエイツがブランド管理を行う、フジテレビKIDS脳科学茂木健一郎先生が監修して開発された、子どもの自由な発想を育てる新しい形のぬり絵“Painta holic(ペインタホリック)”を発売します。

①絵本作家が作ったぬり絵
 2008年にフジテレビKIDS、BSフジ、ポニーキャニオン、扶桑社の4社にて設立された「be絵本大賞」。
今回のPainta holicシリーズ第1弾は、「第8回 be絵本大賞 絵本屋さん特別賞」を受賞したトキタシオンさんがイラストを担当しています。塗り進めるにつれて、ストーリーが展開していく、縦サイズのロール型ぬり絵です。

②描くことも楽しめる
 ぬり絵のロールに、イラストが描かれていない箇所があります。ロールの中にあるヒントをもとに、子どもたち自身で想像力・創造力を働かせながら、イラストを描いていき、自由な発想を育てていきます。

③自分だけのオリジナルストーリー
 シールをロールに貼ったり、イラストを加えて、自分だけのオリジナルのお話を作ることができます。自分の言葉や新しい仲間を登場させて、ぬり絵の世界に飛び込むことができます。

展示されているものを見たのですが、これはワクワクします。
絵心がなくても、塗り絵なら大丈夫です。

f:id:Pi-suke:20171204191742j:plain
イラストもどことなく愛嬌のあるんです。

知育というのは何となくしか知りませんが、これは子供は喜びますよ~
普通の塗り絵と違って長いものだと長さが2m なので、広げて書けば今までにない紙の大きさですからね。
学生のころに、学部際の際に模造紙を何枚も繋げてとんでもない大きさの紙を作って、子供たちに好きに落書きしていいよ~というコーナーを作ったことがあるのですが、子供たちの喜びようは凄かったです。普段なかなか書けないサイズは、やっぱりワクワクするんですね。

子供も楽しめますが、家族一緒に塗り絵をしてみてはどうでしょう。
お母さんだけじゃなくて、お父さんも一緒に。それにもうすぐお正月なので、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に塗り絵をしてみてはいかがでしょう。
なにせ2m もあるので、みんなで一緒に書くことも可能です。

間違いなく、書きながら会話が弾みますよ。
なんともワクワクする楽しいモノを見つけちゃいました。

ちなみに、GATE TOWER MALL では12月12日(火)まで販売されているそうです。