カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

僕の一押し修正テープ「MONO AIR」

主要な筆記具がボールペンになって、当初は砂消しゴムが使われいましたが、消しゴムで有名なSEED社さんが修正テープを開発してから、砂消しゴムから修正テープにとって代わりました。
今では砂消しゴムを一般の文房具店で見かけること自体が少なくなりました。

修正テープですが文房具店の店頭に行くと、とてもたくさんの種類が陳列されています。正直どれが使いやすいのか?数が多すぎて分かりません。

僕もそれほど数多くの修正テープを試みた訳ではありませんが、今のところ使いやすさからセンターポジションに居るのが、トンボ鉛筆さんの「MONO AIR」です。

f:id:Pi-suke:20171125113219j:plain
MONO AIR | トンボ鉛筆


この修正テープは何といっても、軽い力でテープが紙面に粘着する点です。極端な話、テープが紙面に接すればいい。とすら思えます。
初めて購入して使った時には、あまりの軽い力加減に驚きました。それまでの修正テープは、テープを紙面に押し付けるようなイメージでした。それも均等に力を加えないと、修正テープがよれて見栄えが悪くなってしまいました。
でも、このMONO AIRは本当に軽い力で、修正テープを紙面に貼ることができます。

軽い力で修正テープが紙面にくっつくのは、まずはテープの歯車が大きいか歯車の歯の数に秘密があると思います。
自転車で例えると、小さい歯車(歯:少ない)でこぐよりも、大きい歯車(歯:多い)でこいだ方が軽い力で進めるのと一緒です。
ちょっと詳細にサイズを比較していませんが、たぶん理屈からすると、この点が大きいのではないでしょうか。


修正テープに悩んでいるのであれば、このトンボ鉛筆のMONO AIRがイチオシです。