カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

第7回 OKB48選抜総選挙 in NFC

24日に名城大学ドーム前キャンパスの、社会連携ゾーンであるShakeでNFC(名古屋フューチャーセンター)という場所で、第7回OKB48選抜総選挙を行ってきました。
先週の文房具朝食会@名古屋でもOKB48選抜総選挙を行ったのですが、どんな集計結果になるのかワクワクしながら参加者の皆さんのリアクションを見て今いた。
※先週の文房具朝食会@名古屋でのOKB48選抜総選挙の模様は、以下の記事を参照ください。
pi-suke.hatenadiary.jp


f:id:Pi-suke:20171124200113j:plain
f:id:Pi-suke:20171124191405j:plain
f:id:Pi-suke:20171124200008j:plain
f:id:Pi-suke:20171124200117j:plain


やっぱり、文房具朝食会@名古屋と一緒で48本という大量のボールペンを試し書きするということで、皆さん大変悩まれていました。
そもそも10本を超えた辺りから、最初の方の書き味がどうだったか記憶があいまいになってきます。
そしてここでも楽しくお話しをしながら、握手(試筆)を皆さん楽しまれていました。

ボールペンという日常生活で一番身近なボールペンだからこそ、どういう利用シーンなのかそれによって順位が変わって来る。そもそも純粋に書き味だけで選ぶのか、それともデザイン性や持ったときの持ち味も考慮するのか・・・判断基準に皆さん大いに悩んでみえました。
いや~そうなんですよね。手帳に書き込む時であれば細字の方がいいけど、勉強の時など大量に文字を書く際にはインクフローが潤沢な方がいいでしょう。

なかなか悩ましいですね。参加者の方が、「1本のボールペンですべてを賄うことは不可能ですねー」と発言されていました。
まさにその通りだと僕も思います。気が付くと同じ黒のボールペンでも複数本持ち歩くことになります。これは注意しないと、筆記具がどんどん増えてしまいます。

皆さんの反応で面白かったのが、普段使っているボールペンが一番だと思っていたけど、48本の試し書きをしていたら普段使っているボールペンよりいいものがあった。という反応や、握手(試筆)するときに書いた紙と投票用紙で書き味が全然違う。ということですね。
普段使っているボールペンを見直すきっかけになったり、同じ筆記具でも用紙によって書き味が全然違うことに気づいてもらえると、このイベントを開催した甲斐があります。

投票結果

さて、気になる投票結果ですが以下のようになりました。
※集計方法は、文房具朝食会@名古屋と同様に、1位に5ポイントとし順位が下がるごとに1ポイント減。5位は1ポイントとして集計しました。

第1位 パイロット ジュースアップ ゲル 15ポイント
第2位 OHTO 水性ボールペン リバティ(太軸) 水性 10ポイント
第3位 三菱鉛筆 ジェットストリーム プライプ 油性 9ポイント
ぺんてる エナージェル ユーロ ゲル 9ポイント
第4位 三菱鉛筆 ユニボール シグノ 307 ゲル 9ポイント
ぺんてる ノック式エナージェル ゲル 9ポイント
コクヨ エラベルノ エアリーゲル ゲル 9ポイント
第5位 パイロット Vコーン 水性 5ポイント
パイロット コクーン 油性 5ポイント
ラミー サファリ ローラーボール 水性 5ポイント

かなり票が割れたように感じます。そして、昨年デビューしたパイロットさんのジュースアップが見事1位となりました。
そしてゲルインクがかなりの人気のようです。

文房具朝食会@名古屋との合計集計やそれに対する分析?は、翌日に改めて記事にします。