カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

大人向け「ネオクリッツ フラット ビズ」

立つペンケースの代表格、コクヨさんの「ネオクリッツ フラット ビズ」の大人向けが発売されました。

f:id:Pi-suke:20171115185657j:plain
大人ペンケース登場!ネオクリッツフラットBiz | コクヨ

従来のネオクリッツはサラサラした手触りで、大人とくに男性が使用するのは躊躇するのようなラインナップでした。

f:id:Pi-suke:20171115190026j:plain
でも今回発売された「ネオクリッツ フラット ビズ」は、落ち着いた色合いです。
店頭で見かけたのですが、これなら役職者のオジサマが使っていても、変に目を引くこともなさそうです。ビジネスの場に自然に馴染みそうです。色合いもそうですが、ファスナーが金属製になっていたので、安っぽい印象は受けない。


ネオクリッツ フラットがベースですが、大人向けということでHPを確認したらファスナーだけでなく、改良されているようです。

使いやすいサイズと形状

ペンケースを使う社会人の半数以上(男性では3人に2人)が使用している6本以下※のペンを収容するのにちょうどいいサイズ。また、フラットな形状で書類やノートと重ねても収まりよく持ち歩けます。
コクヨ(株)調べ

確かに会社を見渡してみれば、数本の筆記具を持っている人が非常に多いです。
通常のネオクリッツ フラットは収納可能本数は約15本とのことなので、社会人には容量が大き過ぎる。でも、この「ネオクリッツ フラット ビズ」は収納本数を6本以下と絞っている。
店頭で見かけた時には、デザイン面のみ見てしまった。容量が変わっているのであれば、もっと詳細に確認したのに・・・


聞くところによると、リーマンショック以降は会社によってはボールペンなどが支給されなくなって、各々で購入するようになったところもあるそうだ。いくら100円のボールペンでも、個人で購入したものをデスクにそのまま置きっぱなしというのは気が引けるだろう。
これなら収納も出来るうえ、自立するので業務中はペンスタンドにもなるので、ペンケースを持っていない社会人の人は導入するべきだ。