カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

行きたいですね~第2回「紙フェスKOBE」

11月3日(金)~5日(日)に神戸北野工房にて、第2回「紙フェスKOBE」が開催されます。

f:id:Pi-suke:20170928132911j:plain
紙フェス神戸公式サイト | 2017.11.3〜5、北野工房のまちで第2回紙フェスKOBE2017を開催します!


開催時間は10:00~18:00(最終日は17:00まで)で、入場無料です。


「紙フェスKOBE」とは

折り紙や落書き帳、ノート、手帳と常に身近な存在の文房具に使われる紙ですが、近年は多彩な表情を持つ素材として注目され、スクラップブッキングから始まった紙のアレンジ加工により多様な作品を生み出しています。又その広まりにより以前は専門家の素材であった日本独自の文化である和紙も現代的にアレンジされ、女性層を中心に品質よい素材として支持されています。「紙フェスKOBE」は、素材としての紙の使い方や、暮らしのワンポイントとしてさらに楽しんでいただく方法を提案する「紙愛好家」による「紙好き」のためのイベントです。

主催は、関西を代表する文房具店の「ナガサワ文具センター」さんです。
文房具好きの方は、少なからず聞いたことのなるお店でしょう。僕も数年前に、会社の後輩に「神戸の中華街に飯を食べに行こう。」とそそのかして、まんまとナガサワ文具センターさんに行きました。


「紙フェスKOBE」ではメーカさんが30社以上出店されるだけでなく、いろいろなワークショップも開催されるそうです。
特に興味があるのは、山本紙業さんの「紙の箱詰め」。さすが紙屋さんならではで、色々な紙に触れられる機会は、普通の生活ではなかなかないですからね。

僕の好きな文具の「紙」について、もっと知りたい・楽しみたいので非常に興味津々です。
名古屋から神戸なら日帰りも可能なのですが、行けるとしたら最終日だけなんですよね・・・