カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

KDM.txt守山店さんでホジラジの公開録音とショップイベント

f:id:Pi-suke:20170805125756j:plain

ホジラジの公開録音が名古屋で開催されるということで、参加してきました。
ホジラジとは、K3(ケイ・キュービック)という関西の若手文房具メーカー3社の有志(山本紙業株式会社、株式会社ベアハウス、株式会社ロンド工房)が結成した文房具イベントチームが、今一番話を聞きたい人を、(お酒を交えながら)根掘り葉掘りほじっていくことで、その人の魅力や本質を探っていこうという番組(Podcast)です。
ホジラジ | K3(ケイ・キュービック)ー関西発、文房具イベント集団


会場は今年3月に名古屋市守山の下志段味にオープンしたKDM.txt守山店。
f:id:Pi-suke:20170805125746j:plain
www.culcos.com

自宅から30分程度の近場なのに、こんな素敵なお店がオープンしているとは知りませんでした。なにがすごいって、まず入店して空間の広さと階段に目を奪われます。
f:id:Pi-suke:20170805133147j:plain


ホジラジの公開録音の前に、KDMチーフバイヤーの野木森様による店内ガイドツアーです。
f:id:Pi-suke:20170805131707j:plain
選書がハイセンスです。なんか久しぶりに顔のある書店に出会いました。
僕のイメージですが、最近の書店は大型店は数多くの書籍を設置して、品揃えの多さをアピール。街の本屋さん(ツ○ヤ・三○堂とか)はベストセラーや話題作を扱って、いまいちどの書店も没個性というか、楽しい空間では無くなってしまったように感じていました。昔の書店って、家族経営みたいな小さな本屋なんだけど、その書店ごとに選書に違いがあって、この分野なら○○書店、こっちの分野なら○○書店。のような書店に個性があったような気がします。それが今ではなんか画一的な書店が多くて、書店に行ってもワクワクしないんですよね。それが久しぶりにワクワクする空間であり、並んでいる本が面白そうなんですよ。本当に久しぶりに書店の楽しさを思い出しました。

店内ガイドツアーでは特別に、普段は入れない場所にも入れてもらいました。お店の入り口のすぐ上の通路というか、音響設備の置いてある場所です。
そこから撮影した写真がこちら。
f:id:Pi-suke:20170805132506j:plain
もう二度とは入れない場所ですね。音響設備の置いてある場所に椅子があったのですが、出来ることならば本を持ち込んで、2~3時間のんびりしたい。と思うような素敵な空間でした。

そしてKDM.txt守山店さんは、文房具の品揃えもすごいです。
すぐ僕の目を奪ったのは、LEUCHTTURM(ロイヒトトゥルム)の品揃えの豊富さ。いや、LEUCHTTURMを扱っている時点で感動モノなのに、たぶんすべてのラインナップがあるんじゃないかな?ってぐらい。
またちょっといい数千円台の筆記具って、試筆できないことが多いんですよね。でも、このお店では大半の筆記具が試筆できるように用意されています。
f:id:Pi-suke:20170805133455j:plain
もうね感動ですよ。このブログを始めて常々感じているのが、筆記具の個性・良さというものを言葉や文字で伝えることの難しさ。どうしても筆記具は感覚的な面があるので、どう伝えたらよいのか、本当に難しい。そして筆記具を試筆できるようにすると、お店としても手間がかかるので、まぁ難しいと思っていたが、KDM.txtさんではすでに用意されているんです。しかも数百円の筆記具からステップアップするのに、最適なラインナップなんです。
そして変え芯の什器がちょっと見ないものなんですね。
f:id:Pi-suke:20170805133404j:plain
本来は薬局で薬を入れている什器だそうです。ちょうど変え芯の什器にぴったりだったとのことです。


本当に一度来店する価値が十二分にあります。地域の書店・文具店の進化系であり未来の書店・文具店だと思います。こういった素敵なお店が増えると、本当にいいんですけど、これだけやろうとすると、お金もそうですしマンパワーが本当にすっごい必要だと思います。



さて感動しつつ、店内ガイドツアーから戻ってきたら、いよいよホジラジの公開録音です。
f:id:Pi-suke:20170805133926j:plain
第一部は、株式会社ナレッジ・デザイン CEOの信田 哲彦さん。
第二部は、本の編集を行われている木庭さんと、KDMチーフバイヤーの野木森さん。
テーマは「本屋の未来の話」ということで、かなりほじってました。ここだけな話もあり、どう編集して配信されるかわかりませんので、記事にするのは控えさせてもらいます。ただ、めちゃくちゃ面白かったです。配信されたらぜひ聞いてください。



自宅から気にならない距離にできたKDM.txtさん、これからちょいちょいお邪魔しようと思ってます。