カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

【ISOT】名刺やショップカードをオシャレにアナログとデジタルで管理

f:id:Pi-suke:20170714162641j:plain

社会人になると、とりあえず初対面の人とは名刺交換をしますが、どのように管理していますか。名刺フォルダで管理したり、はたまた輪ゴムで綴じていますか?
僕は名刺ファイルに綴じているのですが、いつ・なんの用件で会ったかやちょっとしたメモを、付箋に書いて名刺に貼ってから名刺ファイルに綴じています。元々は名刺に直接書いていたのですが、どうも抵抗があって付箋を貼るスタイルに落ち着きました。
でも、これだと部署の人に「○○さんの連絡先教えて」と頼まれた際に、名刺に貼った付箋を剥がさないといけなくて、結構煩わしいんですね。


僕のように名刺に何かしらの方法でメモを付けている人に、お勧めな名刺管理の商品がISOTに出品されていました。

リプラグさんの「ログブック」

http://www.replug.jp/fs/replug/c/logbook
f:id:Pi-suke:20170707101629j:plain

「ログブック」は如何にもなバインダーではなく、オシャレなデザインになっています。仕組みもゴムバンドで各台紙をまとめているだけな、シンプルな作りです。
名刺の保存方法は、台紙に名刺を夾んで、その横に日付やメモを記載できるフォーマットの台紙です。台紙に夾むタイプなので、人から連絡先を聞かれたときも簡単に外して渡すことができますし、メモは台紙に直接記載しているのでメモを取る必要もありません。

そしてこの「ログブック」には、「Log book Digi」というアプリがGoogle / Apple ともに用意されています。このアプリにはORC(文字の自動読み取り)機能がありますので、わざわざ手入力する必要がありません。また台紙の1ページ分の3つの名刺を一括で読み取りもできます。そして、欄外のメモ欄は画像として保存されます。
ORC機能は有料サービスなのですが、「ログブック」を購入すると約1冊分のORC機能が使えるクーポンが付いています。
OCR機能は名刺1枚換算なので、台紙1ページの3枚の名刺を一括読み取りしたら、3回OCR機能を使った事になります。)



この「ログブック」はデザイン性が良いので、社会人だけでなく幅広い方に使えます。最近の飲食店さんは名刺サイズのショップカードを用意してくれているので、ショップカードの管理にも使えます。僕は再訪したいと思ったら、お店のショップカードを貰っているので、どうやって管理しようかな~と思っていたので、ちょうど良い商品に出会えました。