カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

KANMIDO WEEKend に行って来ました

f:id:Pi-suke:20170708214338j:plain

今週から開催されているカンミ堂さんで開催されている「KANMIDO WEEK」に行って来ました。今日と明日は一般公開です。

【News】カンミ堂 初の自社展示会「KANMIDO WEEK」開催のお知らせ(2017.06.09) | カンミ堂

 

場所は東京目黒のカンミ堂 本社オフィス(JR恵比寿駅より徒歩10分)です。

 

 

今回のメインは、新商品のTATE TOKOのお披露目・ワークショップと従来商品の紹介です。

 

 TATE TOKO

f:id:Pi-suke:20170708122401j:plain

f:id:Pi-suke:20170708122418j:plain

タテトコ 商品紹介TOP|カンミ堂 | カンミ堂

 

TATE TOKOは付箋が自立する商品。従来のSUTTOのようなボードは不要です。

今までの付箋では、机に貼っても書類の下敷きなる可能性があったので、キーボードに指したりして目立つように工夫していました。しかしこのTATE TOKOは自立するので、下敷きになる事はありません。

 

f:id:Pi-suke:20170708122828j:plain

粘着面がフィルムでできているので、押さえられても負荷が無くなればまた自然に自立します。そのため追記しても自立性を失うことはありません。そして非常に細かな点ですがストッパーがあるため、付箋が前に倒れてくる心配がない。

実際にTATE TOKOを試用できるコーナーもありました。
試用コーナーには無地だけでしたが、追記しても自立するので、ToDoリストのデザインもラインナップに含まれています。

 

 ワークショップ

ワークショップでは、オリジナルのPENtONEやcocofusenが出てくるノートを作れます。

オリジナルPENtONEはすべての種類のPENtONEリフィルから、オリジナルの組み合わせで作れます。

f:id:Pi-suke:20170708213151j:plain

パッケージも今回のイベント用になっています。

 

cocofusenが出てくるノートは、自分の使用しているノートにcocofusenが出てくるようにできます。自分の使用しているノートが無くても、マルマンさんのCROQUISを用意してくれているので、ノートを持ってこなくても大丈夫です。

僕はNOT DITAIL IS SMALLさんで作成した革の表紙のノートを持っていたら、表紙が分厚すぎるとcocofusenが出てこなくなるので適さないということで、CROQUISのノートで作りました。

f:id:Pi-suke:20170708213053j:plain

f:id:Pi-suke:20170708213104j:plain

ちょっと分かりにくいのですが、CROQUISの「Q」の丸からはみ出した線から、cocofusenが出てくるようにしました。
cocofusenのMサイズなら1つ、Sサイズなら2つ入る仕様になっています。

 

 

ワークショップのエリアでは、カンミ堂さんの商品が販売されています。このイベントならではなのが、SUTTOやPENtONEのリフィルが好きな組み合わせで購入できるのと、カンミ堂さんのPETICA(Kanmido Online Store)限定の、cocofusenのリフィルの「チャージふせんパック」がオフラインで行われています。パッケージがオフライン限定仕様です。

f:id:Pi-suke:20170708213231j:plain

 

 

今回はたまたまISOTで東京に来ていたので、このイベントに参加できてよかったです。