カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

今年も折り返しです。Amazonランキング大賞 2017 上半期 筆記具ランキング

久しぶりにAmazonのサイトを開いたら、「Amazonランキング大賞 2017 上半期」なるものがありました。
そうなんですね、今月が終わればもう2017年も折り返しなんですね。

ということで、Amazonで2017年上半期に売れた筆記具を見てみましょう。

Amazonランキング大賞 2017 上半期 文房具・オフィス用品 - 筆記具
f:id:Pi-suke:20170621105513j:plain

1位:ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.5mm

スマッシュ|商品紹介|ぺんてる株式会社

5位:トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 36色

色鉛筆NQ | 株式会社 トンボ鉛筆




基本的に定番筆記具がTop5を占めています。
5位の色鉛筆や3位のクレパスなんかは、パッケージを見たら懐かしく思います。
4位のジェットストリームはさすがですね、会社内でもジェットストリームフリクションの2種類しかボールペンは存在しないんじゃないか?ってほど普及しています。
2位のMONO消しゴムは、消しゴムの絵を描いたら何となくMONO消しゴムっぽいパッケージになってしまうぐらい超メジャー商品。
1位のぺんてるさんのスマッシュは、1986年の発売ですがSNSなどで話題になって特に中高生の間で人気になった結果だと推察されます。


このなかで、ぺんてるさんのスマッシュだけ使った事がありません。
話題になっていることは知っていましたが、鉛筆派でシャープペンシルを余り使わないので購入に至っていない上、同じくぺんてるさんのorenzneroを購入したので、ますます購入から遠のいています。
ただスマッシュのベースになった、ぺんてるさんの製図用シャープペンシル「グラフ1000」は一時期使用していました。やはり製図用ということで、しっかりした作りで重心がペン先寄りで好みのバランスでした。


中高生だとクラスで流行っているから、という動機で購入されるパターンもあります。
でも、これをきっかけにシャープペンシルでも商品によって書きやすい・長時間書いていても疲れにくい、など色々なことを感じて自分に合った筆記具と巡り会うきっかけになると嬉しいです。