カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

ボールペンでも文字の強弱の表現ができます「uni-ball AIR」

日本語の特徴に、トメやハネの文字幅の強弱がありますが、ボールペンではなかなか表現できないですよね。
どうしても一定の字幅になってしまうので、毛筆や万年筆のように味のある文字が書けません。

でも、今回紹介する三菱鉛筆さんの「uni-ball AIR」なら、文字の強弱の表現ができます。
ユニボール エア | uni-ball AIR | 水性ボールペン | ボールペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社

f:id:Pi-suke:20170514150742j:plain

ボールペンでも文字の強弱を表現できれているのは、インクの出る量を調整するチップと、ペン先にソフトカバーを用いることで実現されています。
なので、書く際のペンの角度や筆圧の強弱で、字幅を変えることができます。
悪筆ですが、「永」の字を書いてい見ました。
f:id:Pi-suke:20170514150802j:plain
これ、普通のボールペンで同じように書いても、トメやハネを表現することができます。
日常で、このトメやハネを意識することは少ないですが、手紙などちょっと改まって文字をしたためる際に、非常に良いボールペンだと思います。