読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

付箋がペンになったよ「PENtONE」

僕の付箋は使いたいときに限って、どこかに隠れてしまっています。
付箋は小っちゃいので引き出しの中で隠れたり、デスクに置いておいても、ノートの陰に隠れたりと、それは見事に観音隠れをしています。
それじゃ大きい付箋を使うか?というと使わないんですよね。
印として付箋を使っているので、あまり大きいと付箋が邪魔に、感じてしまいます。

そんな観音隠れの達人の付箋も、最近は隠れ切れていません。
どちらかというと、擬態が進みました。

 

それは付箋を「PENtONE」に変えたからです。

www.kanmido.co.jp

f:id:Pi-suke:20170418195833j:plainf:id:Pi-suke:20170418195903j:plain

写真を見てもらうと、3つのロール付箋が串刺しに収納されていることが判ります。
さらにペンと同じような軸径なので、ペンケースにもきれいに収納されています。
ロール付箋ですが12mm毎にミシン目が入っているので、必要な幅で使う事ができます。

必要な分だけ引っ張り出して、適当な個所できれば小さな付箋から大きな付箋まで賄えます。
ただ付箋がフィルムタイプなので、ボールペンだとうまく書けない時もあるので、この付箋を使うときの筆記具は、鉛筆やシャープペンシルがお勧めです。
僕は付箋に模様が無いほうが好きなので、無地の付箋にしていますが、模様の入っているパターンも何種類か発売されています。

 

この「PENtONE」ならペンケース内での収納場所を考えなくても、付箋が他の筆記具と同じように収納できて、1つで大きさもカバーできるので、かなり便利です。