読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

日本で初めての実用的シャープペンシル

学生さんがよく使う筆記具のうち、シャープペンシルが代表的な存在ではないでしょうか。
そんなシャープペンシルの日本で初めての実用的シャープペンシルは、1915年に今の電機メーカのシャープがエバー・レディ・シャープ・ペンシル(常備芯尖鉛筆)という名称で開発・販売したんですよ。
この名称が今の電機メーカのシャープの語源にもなっているそうです。
1915年って、今から100年以上も昔です。


そのエバー・レディ・シャープ・ペンシルがこれです。

f:id:Pi-suke:20170317220116j:plain

 

まぁ当然100年以上も前のものではなく、プラチナ万年筆さんが復刻販売したものです。

プラチナ万年筆/早川式繰出鉛筆


一時期ずっと使っていたので、錆が出てきていますが・・・

これはペンの頭をノックするのではなく、頭の部分を回すと芯が出てきます。


このシャープペンシルが進化を続けて、今では芯折れ防止機能があったり、シャープペンシルを振れば芯が出たり、書いていると自動で芯が回転したりと、凄いことになってます。