カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

書き味を比較する楽しみに「memoterior writing」

同じ筆記具でも、書く紙が違うと書き味が違います。 例えば万年筆を購入する時に店頭で試筆した時には気持ちよかったのに、いざ自宅でいつものノートに書いた時に「あれ?」と試筆した時の気持ち良さを体験できなかったりします。 それは店頭の試筆用の紙が…

飾り原稿用紙がトレーシングペーパーになった!!

愛用しているあたぼうステーショナリさんから発売されている「飾り原稿用紙」に新バージョンが発売されています。 この飾り原稿用紙がなんと、デザインはそのままでトレーシングペーパーになったそうです。 トゥールズさんのネットショップで、 #飾り原稿ト…

地元愛溢れるノート「ReEDEN PREMIUM Shiga」

先日に引き続き、今日もコクヨ工業滋賀さんの地元愛溢れる商品を紹介ます。 それは「ReEDEN PREMIUM Shiga」です。ReEDEN PREMIUM Shiga(表紙)ReEDEN PREMIUM Shiga(裏表紙)表紙や裏表紙は一見すると楕円状のブルーとグリーンのカタチが重なりあったシン…

おしゃれな「びわこ一筆箋」

地元愛溢れるコクヨ工業滋賀さん コクヨ工業滋賀 昨年のISOTの日本文具大賞では、琵琶湖が描けるテンプレートの「びわこテンプレート」がデザイン部門の」優秀賞を受賞しています。 地元愛だけでなく、地元の環境保護にも力を入れています。 その環境保護活…

ぷんぷく堂さんのオリジナルノートが発売です

夕方5時から開店する千葉県市川市八幡にある個性的な文具店の「ぷんぷく堂」さんから新たなオリジナル商品が発売されるそうです。 ぷんぷく堂さんといえば、昨年のISOT の日本文具大賞デザイン部門でグランプリを受賞した「あなたの小道具箱」が有名です。 …

全ページ黒い紙「ブラックシリーズ」

PILOT さんから全ページが黒い紙でできた「ブラックシリーズ」が発売されています。 www.pilot.co.jp ラインナップ 以下のラインナップです 枚数 税抜価格 B6ノート 68ページ 350円 B6ノートパッド 48ページ 300円 メモ帳(A7サイズ) 80ページ 250円 付箋3…

琵琶湖の魅力が詰まった「びわこ一筆箋」

コクヨ工業滋賀さんから、びわこ文具のReEDENシリーズの10周年記念の商品が発売されます。 (プレスリリース)発売されるのは「ノートブック〈ReEDEN PREMIUM Shiga〉」と「びわこ一筆箋」です。これ両方とも気になるのですが、特に僕が気になったのは「びわ…

日本茶色普及協会公認原稿用紙

あなたは知っているか、捨て色と言われる茶色 そんな茶色を世に広めようとしている、日本茶色普及協会を。 この日本茶色普及協会は、大人の手段で捨て色とされる茶色の商品を増やそうと日夜暗躍している。 そんな日本茶色普及協会という謎の団体に、何やら新…

男性にも使いやすい一筆箋「伝書紙」

ちょっとしたお礼やメッセージを伝えるのに使う一筆箋。 しかし、多くの一筆箋は綺麗なデザインであったり、可愛らしいデザインのものが多いです。男性はなかなか使いにくいのではないでしょうか。 一筆箋は使えないからと、便箋にするとそれほど書くことも…

みんなでハッピーをシェアしよう in 大ナゴヤ大学

名古屋でオリジナルのリングノートを作ることのできるNO DETAIL IS SMALL さん。 先日お店にお邪魔した時に大ナゴヤ大学のイベントが開催されるから、よかったら参加してね〜と声を掛けて頂きました。 諸手を挙げて、申し込みをして参加してきました。僕はこ…

新感覚の紙クリップカード

先日紹介したスガイワールドさんのモンスタークリップには、同じく水に5分浸けると自由に変形できるファイバー紙でできた「モンスタークリップ」だけでなく「クリップファミリー」として、ネコやサル、イヌなど様々なキャラクターがあります。そんな「クリッ…

お正月は「紙神経衰弱」で遊ぼう!!

だいぶ前にネットニュースで、「紙神経衰弱」なるものを知ったのだが、なかなか購入する機会がなかったです。 あまりに買えないので、簡単な自作までしてしまったほどですwそんな中、ついに「紙神経衰弱」をゲットしましたよ。 kinoq.theshop.jp(写真が綺麗…

見出しにもなるルーズリーフ「九大ノート 3mm LEAF」

先日、名古屋の新守山にある草叢BOOKSさんに行った時に、素敵なルーズリーフを見つけて思わず購入してしまいました。 九大ノート | 印刷を通じてお客様の信頼に応える株式会社三光全くノーマークで購入してから調べたのですが、この商品は今年のグッドデザイ…

高級スケッチブック「FABER-CASTELL スケッチブック(ポストカード)」

先日、文房具店を徘徊していたらショーケースにチョンと可愛らしいスケッチブックがありました。 よく見たら、大好きなブランドの「FABER-CASTELL 」さんじゃないですか。 これは購入せねば!と購入しました。サイズ:約156mm ×108mm(だいたいポストカード…

原稿用紙をもっと身近に「飾り原稿用紙ユーザー会」

昨年の日本文具大賞のデザイン部門のグランプリを受賞した「あたぼう」さんの「飾り原稿用紙」のユーザー会がTwitter で発足しています。 【募集中】 #飾り原稿用紙ユーザー会 発足。当社代表が事務局、特別顧問に小日向京様、horirium様を迎えました。 入会…

「紙フェスKOBE」に行ってきたよ

11月5日(日)に、神戸の三宮の近くの「北野工房のまち」で開催されていた「紙フェスKOBE」に行ってきました。 紙フェス神戸公式サイト | 2017.11.3〜5、北野工房のまちで第2回紙フェスKOBE2017を開催します! ※ISOTと同様に、楽しすぎで写真が非常に少ない…

来年の手帳が決まりました(その2)

来年の手帳が決まりました。会社での使用に特化した手帳は、先日記事にまとめたカール事務器さんの「カレンダー手帳」ですが、プライベートに特化した手帳には、デザインフィルカンパニーさんから発売されている「トラベラーズノート」の「マンスリータイプ…

特殊なノートを見せてもらいました「無塵紙」

最近、お邪魔するようになった名城大学ドーム前キャンパスの名古屋フューチャーセンターで知り合った方が、とっても珍しいノートを見せてくれました。それは「無塵紙」という中紙のノートです。あまりに嬉しくて、表紙の写真を取り忘れたことに帰宅後に気づ…

行きたいですね~第2回「紙フェスKOBE」

11月3日(金)~5日(日)に神戸北野工房にて、第2回「紙フェスKOBE」が開催されます。 紙フェス神戸公式サイト | 2017.11.3〜5、北野工房のまちで第2回紙フェスKOBE2017を開催します! 開催時間は10:00~18:00(最終日は17:00まで)で、入場無料です。 「紙…

高級紙にタダで書けるから、選挙に行こう。

来週の10月22日(日)は、衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査の投開票日です。 過去に投票に行かれた方は思い出してほしいのですが、投票用紙ってすっごく書きやすくないですか。 鉛筆で候補者氏名・政党名などを書くのですが、サラサラとしたさ…

「デザインのひきだし」は鈍器ですか?

僕は雑誌をほとんど買いませんが、例外として「デザインのひきだし」という隔月で発行されている雑誌を購入しています。 僕は文房具の中でも、筆記具と紙が大好きなので、この雑誌は紙好きには本当に楽しい雑誌です。 これはデザイナー向けの専門誌に近いと…

オリジナルの便箋が作れます「Custom Made Letter」

手書きの手紙というのは、本当に暖かく気持ちが伝わる嬉しいモノです。同じ文面でもパソコンで書いた・印刷されたものとでは、受け取った側の印象は、まるっきり違うと言っても良いぐらいだと思っています。手書きだからこそ文字に表情が生まれ、その表情か…

紙と筆記具について、トークをしてきました。

名城大学ドーム前キャンパスに、「名古屋フューチャーセンター(NFC)」というグループがあります。 NFCでは名城大学ドーム前キャンパスの社会連携ゾーンshakeという場所で、平日夜は毎日誰か当番の人(日直さん)がいて、何かやっています。みんなで楽しく…

「はじめてのリングノートづくり」に参加してきました

NO DETAIL IS SMALLさんの第一回ワークショップの「はじめてのリングノートづくり」に参加してきました。 NO DETAIL IS SMALLさんは、名古屋駅から徒歩15分ぐらいの、四間道というオシャレなエリアにあります。 nodetailissmall.com 名古屋でオリジナルノー…

ノートですが手帳としても使えますよ Ca.Crea A4 x 1/3サイズ

夏期休暇明けから、気分を一新。という訳では無いのですが、新しいノートを使い始めました。 以前から気にはなっていたのですが、サイズがA4 の1/3 というなんか微妙じゃない?と思っていましたが、使ってみなければ分からないだろう。ということで、PLUSさ…

ネットde手帳工房

キヤノンITソリューションズさんから、究極とも言える手帳サービスである「ネットde手帳工房」が9月4日から始まります。 ネットde手帳工房これは自らデザインするオリジナル手帳を一冊から注文できる新しいサービスです。 A5サイズの200ページという枠はあり…

昔懐かしの日めくりカレンダーの用紙で出来たノート

昔、自宅に日めくりカレンダーがあって、捲るのが楽しかった記憶があります。そして捲った後は何か落書きを書いていたような・・・ 今から思うとあの日めくりカレンダーの薄くて、表面がツルツル、裏面はザラザラという用紙は中々見ないです。先日、ISOTで新…

アナログとデジタルの融合「1日100文字したたメモ」

夕方5時からユルく開いている文具店のぷんぷく堂さんのオリジナル商品である「1日100文字したたメモ」 ぷんぷく堂さんといえば、今年のISOTで日本文具大賞のデザイン部門のグランプリを受賞した「あなたの小道具箱」が一躍有名になりましたが、こちらの「1日…

気持ちを込めて文字を書きたくなるノート「GRAPHILO」

ノート特集第5弾。今回は神戸派計画さんの「GRAPHILO」です。 神戸派計画 万年筆ぬらぬら派という、万年筆ユーザのためのオリジナル用紙を使ったノートです。 万年筆の書き心地には、インクの量が少なめでペン先の感触を楽しむ「かりかり派」と、インクの量…

マルマンの高級ビジネスノート「Mnemosyne」

ノート特集第4弾。今回はマルマンさんの高機能ビジネスノートの「Mnemosyne」です。 www.e-maruman.co.jp マルマンさんといえば、僕はスケッチブックの印象が非常に強い。多くの人が見たことがあると思いますが、深緑と黄色の表紙のアレです。 スケッチブッ…