カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

田舎民が東京ミッドタウンという迷宮で、憧れの消しゴムを買うお話

今回は前もって謝ります。非常に下らない文書をダラダラ書いてしまいました。内容はただ東京ミッドタウンで、消しゴムを買ってきたというお話です。 奇特にも興味を持ったり、暇を持てあましていたら読んでみてください。 大いなる田舎の民がオシャレな街、…

【ISOT】初参加の2017年ISOTを振り返る

僕が参加したのは、2日目の昼頃から最終日のほぼほぼ終了時間まで会場内を徘徊していたので、ちょっと初ISOTの感想を残しておく。 文具PRサポーター 既存のマスメディアだけではなく、SNS等の新しい情報発信を利用しようというのは、いい試みだと思う。 せっ…

【ISOT】社会的意義の大きな文具 - Cocktailz

ISOTに行く前にHPで出展者情報を眺めているときに、とても興味を引いた製品があります。 それはCocktailzさんの「KIMINOTE」です。 cocktailz.jp この商品はロービジョン(low vision:弱視)の女の子の声から生まれたノートです。 ロービジョン (low vision)…

【ISOT】意外なところで、素敵な消しゴムに出会いました

今日紹介するのは、粘着テープで有名なNittoグループのブランドのSTALOGYさん。 stalogy.com NittoグループのニトムズさんのブランドのSTALOGYです。出品されている商品も付箋やテープ関係が多かったのですが、なんとシャープペンシルやボールペン、それに消…

【ISOT】特殊紙で出来たクリップ モンスタークリップ

ISOTにおいて、スガイワールドさんのブースで面白いクリップが展示されていました。それはモンスタークリップです。 スガイワールド | SUGAI WORLD, Inc. 見た目は厚紙で出来たクリップのようなものなのですが、素材がファイバー紙という特殊なものになって…

第74回 文房具朝食会@名古屋「マスキングテープの使い方を真剣に考える!」

今日(7月15日)は、月一回恒例の文房具朝食会@名古屋が開催されました。毎月のように参加するようになって、このイベントを迎えると月が替わったな~っと時間するようになってきました。今回は第74回でテーマは、「マスキングテープの使い方を真剣に考える…

【ISOT】名刺やショップカードをオシャレにアナログとデジタルで管理

社会人になると、とりあえず初対面の人とは名刺交換をしますが、どのように管理していますか。名刺フォルダで管理したり、はたまた輪ゴムで綴じていますか? 僕は名刺ファイルに綴じているのですが、いつ・なんの用件で会ったかやちょっとしたメモを、付箋に…

【ISOT】新日本カレンダーさんは面白い紙製品が盛りだくさん

新日本カレンダーさんのブースは、面白い紙製品が盛りだくさんでした。どれくらい盛りだくさんだったかというと、新日本カレンダーの営業さんと話が盛り上がって写真を撮影を忘れるという、文具PRサポーターとして致命的なミスを犯してしまうぐらいです。そ…

【ISOT】便利な文具を紹介

まだまだISOTの報告は続きます。今日はISOTで見つけた便利な文具を紹介します。 ビバリー:書けるクリアファイル ウキマ:hal+ WORLD CRAFT:Masking tape Schedule あたぼう:ペネック ビバリー:書けるクリアファイル 株式会社ビバリー会社でも学校でもご…

【ISOT】ノート特集

ISOT会場を徘徊していたら、色々なノートがありました。流石、「文具・紙製品展」です。 そんな中から気になったノートをピックアップします。 菁文堂 / zoojo:nekoka note 菁文堂 - 手帳・ダイアリーの製作・製造 zoojo – 動物園をもっとおもしろく菁文堂…

【ISOT】システム手帳と卓上カレンダーが一緒になったり、自分で製本して手帳が作れるようになりました。

ISOTにおいて興味深い手帳・カレンダーがあったので、まとめて紹介します。 持ち運びの出来る卓上カレンダーが複数数の会社から発表がありました。イメージとしてはシステム手帳が卓上カレンダーになるイメージ。これだと手帳から卓上カレンダーに転記する必…

【ISOT】ソニック トガリターン

今年の日本文具大賞のなかで、もっとも気になっていた商品がソニックさんの「トガリターン」です。 トガリターン 手動鉛筆削り | ソニック | 文具・事務用品メーカーISOTの商品紹介の引用 特許取得!世界初"トガリターン機構"により、ハンドルを一定方向に回…

KANMIDO WEEKend に行って来ました

今週から開催されているカンミ堂さんで開催されている「KANMIDO WEEK」に行って来ました。今日と明日は一般公開です。 【News】カンミ堂 初の自社展示会「KANMIDO WEEK」開催のお知らせ(2017.06.09) | カンミ堂 場所は東京目黒のカンミ堂 本社オフィス(JR…

【ISOT】日本文具大賞機能部門グランプリおめでとうございます

ISOTで発表された日本文具大賞 機能部門のグランプリを受賞したカール事務器さんの「エクスシザース」 ISOTの文具大賞の商品紹介 切り“落とす”を商品コンセプトに従来の2倍の厚さ3mmのステンレス鋼板を採用。職人が一本一本水研ぎ作業で丁寧に刃付け。ハン…

第28回ISOTに文具PRサポーターとして参加してきました。(その1)

昨日の7月5日(水)から東京ビッグサイトで開催されている「第28回 国際 文具・紙製品展」(通称:ISOT)に文具PRサポーターとして参加してきました。 ISOTへの入場パスと、受付時に受け取った報道(PRESS)腕章です。 入口には撮影禁止の看板がありましたが…

第26回 日本文具大賞グランプリ

本日から東京ビッグサイトで「第28回 国際 文具・紙製品展」(通称:ISOT)が開催されています。 これは文具業界日本最大の商談会で、出展者はなんと400社(予定)とのこと。 そしてこの展示会において、昨年のISOTの開催期間以降に発表された文具の新商品・…

日本文具大賞 グランプリ賞品を予想してみた

明日、7月5日(水)14時からISOTにおいて2017年の日本文具大賞のグランプリが発表されます。 www.isot.jp機能部門・デザイン部門のそれぞれから5商品が日本文具大賞を受賞している。そして、いよいよ明日それぞれの部門のグランプリが発表される。どの商品も…

「テスト」にオススメ文房具

今週のお題「テスト」社会人になって、気が付けば10年選手。大人になればテストから解放させると思っていたら、相変わらずテストに悩まされている。 SE(システムエンジニア)という職種なので、定期的に資格試験を受験している。このテスト勉強にこそ文房具…

僕も「字が汚い!」

話題になった新保 信長著の「字が汚い!」を読みました。字が汚い!作者: 新保信長出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2017/04/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (8件) を見る 僕自身、過去に自分の書いた文字が読めない事があったぐらいです。たぶん日…

ファイルとバインダーは違う物なんです

ふとファイルとバインダーをごっちゃに、その時の気分的に言葉を使い分けていることに気付きました。 改めて考えてみましたが、ファイルもバインダーも目的は書類を綴じる文房具なのですが、イマイチ違いが分かりません。 単語が違うということは、何かしら…

左利きも大丈夫「SARASA dry」

先日近所の書店に併設された文具コーナーをブラブラしていたら左利きの子供が試筆してました。今時左利きなんて珍しくもないのですが、その子供はかなり悩んでいるように見えました。 流石に見ず知らずの子供(小学校の高学年か中学1・2年生ぐらい?の女の子…

キャップが進化してました「マジックインキ No.500」

先日、会社で油性マジックを借りたら懐かしの「マジックインキ No.500」でした。 guitar-mg.co.jp 調べたら1953年に発売されて、すでに60年以上にわたるロングラン商品。 実家が自営業でしたので、ボディが瓶タイプの「マジックインキ 大型」で親が値札や今…

極細でも書き味滑らかな「Juice up」

極細のボールペンは、なんとなくインクの出が悪い印象があって避けていたが、手帳に文字を書こうとすると、やはり極細の方が使い勝手がいい。 どうしたものかと、先日文具店のボールペン売り場を徘徊していていいのを見つけた。それはPILOTさんの「Juice up…

簡単にバラせる針無しステープラ

書類を綴じるのに活躍する文房具であるステープラ。 ホチキスなどとも呼ばれている文房具です。 この文房具、ホチキスも商標ということもなく、特に表記に決まりもないそうです。このブログでは、JIS規格で定められているステープラの名称で行きます。 前置…

お気に入りのボールペンに、好きな替え芯を入れて使う

僕はMONTBLANCのStarwalkerを持ち歩いている。別に自慢する為にではなく、何か書きたいと思った時に書けるようにしているのと、お店で注文したりする時に渡されるボールペンが往々にして書きにくいからだ。 そしてMONTBLANCなのは筆記具好きとしては、「いつ…

今年も折り返しです。Amazonランキング大賞 2017 上半期 筆記具ランキング

久しぶりにAmazonのサイトを開いたら、「Amazonランキング大賞 2017 上半期」なるものがありました。 そうなんですね、今月が終わればもう2017年も折り返しなんですね。ということで、Amazonで2017年上半期に売れた筆記具を見てみましょう。Amazonランキング…

ペントレーにもなるペンケース「WITH+」

ペンケースって多種多様で、自分の用途にあうペンケースが見つかると、本当に作業効率が良くなります。今回紹介するペンケースは、KOKUYOさんから発売されている「WITH+」です。 www.kokuyo-st.co.jp このペンケースは学生や営業さんにオススメです。 その…

【文房具マンガ】「文野さんの文具な日常」1巻

ここ最近、色々な文房具マンガが最近どんどん刊行されてます。 なかには、文具王の高畑正幸さんが文具監修している「文具を買うなら異世界で!」なんていうウェブコミックもあります。 comic-walker.com こちらについては、まだ1話のみなのでもう少し様子を…

まさかの商品化「円周率ノート」

文房具メーカのKING JIMさんが、今年の3月14日にTwitterでこんなつぶやきをしていました。3/14は「円周率の日」でもあるということで、「円周率ノート」をご紹介します。罫線がよく見ると円周率になっていて、314日ほど使用すれば(多分)自然と円周率が身に…

【祝】第26回日本文具大賞 デザイン部門受賞「ブロッククリップ」

デザインフィルさんの「ブロッククリップ」 www.midori-japan.co.jp大小のブロックが、それぞれクリップになっている。 ブロックなので組み立てて、こんな風にメモスタンドのようにもなる。 このブロッククリップは以前に紹介しています。 pi-suke.hatenadia…

100記事目です、自己紹介しちゃいます

記念すべき100記事目です。ありがたいことに、僕のつたないブログを日々読んでくれる読者の方が増えているので、改めて自己紹介します。 2017年3月13日に書いた記事をベースにしています。 身体的特徴? 年齢:1982年生まれの獅子座 血液型:AB型 性別:男の…

【祝】第26回日本文具大賞 機能部門受賞「クリップファイル」

LIHIT LAB.さんの「クリップファイル」 AQUA DROPs クリップファイル|製品情報|株式会社リヒトラブ ISOTのページを見たときに、今までのクリップファイルと何が違うんだろう?と不思議に思いました。ISOTのコメントには 紙押さえがクリップを開閉すると同…

第72回 文房具朝食会@名古屋に参加してきました。

2017年6月17日(土)に、第72回 文房具朝食会@名古屋が開催されました。 今回も募集開始と共に満席となり、急きょ昼の部が開催されることになりました。 僕は朝の部の申し込みに間に合わなかったので、急きょ開催された昼の部(アフタヌーン)に参加してき…

【祝】第26回日本文具大賞 デザイン部門受賞「tete」

お知らせ 先日の記事で日本文具大賞を10回に分けて紹介します。としましたが、文房具朝食会@名古屋の主催者で「ホント文房具のスグレモノ」のイグチフミヒロさん(id:fumihiro1192)と同じ方針であることが分かりました。 本日、文房具朝食会@名古屋にて、…

【祝】第26回日本文具大賞 機能部門受賞「トガリターン」

先日発表された日本文具大賞の優秀賞製品のなかで一番目に付いたのが、この製品です。トガリターン 手動鉛筆削り ソニック トガリターン 手動鉛筆削り | ソニック | 文具・事務用品メーカー この製品は手動の鉛筆削りです。 鉛筆を愛用していますが鉛筆削り…

【ISOT】第26回 日本文具大賞 発表

昨日、今年の日本文具大賞の「機能部門」「デザイン部門」のそれぞれ、各5賞品が発表されました。 www.isot.jp 「機能部門」 製品名 社名 エクスシザーズ カール事務機 トガリターン手動鉛筆削り ソニック スライドカッター ハンブンコ プラス クリップファ…

優れた収納力とガバッと開いく「DELDE」

最近のペンケースは自立型の立つペンケースがトレンドのようです。 立つペンケースは、各社様々な商品を発売していますが、その中でも僕のオススメは、サンスター文具さんの「DELDE」です。 ペンケース「DELDE(デルデ)」 紹介|サンスター文具 開け閉…

【文房具コンシェルジュ】幼児向け文房具「透明くれよん」

先日、友人からの依頼にやっと回答が出来ました。 まだ購入されていないので、実際の使用感は解りませんが・・・ 今回の相談者は、相も変わらず学生時の友人です。 相談内容は、幼児向け文房具が欲しいとのことです。 今回はめちゃくちゃハードルが高かった…

【文房具マンガ】「ぶんぐりころころ」第1巻

文房具マンガの「ぶんぐりころころ」の1巻が、6月9日に発売されました。 もともとマンガボックスというWebマンガで掲載されていた物が、刊行されたものです。 現在でも数話が無料で読めるようです。下のリンクは以前、Webコミックの紹介をした記事です。 pi-…

今時の原稿用紙「飾り原稿用紙」

原稿用紙の思い出といって、ぱっと思い浮かぶのは小学生のときの読書感想文です。 当時は如何にして枚数を稼ぐか、ということに無い知恵を絞ったものです。 それ以来、原稿用紙に触れることなく何十年の月日が経過しました。 それが文房具に興味を持つように…

過保護なまでに保護します「過保護袋」

書類を折らずにキレイに持ち運ぼうと考えたら、きっとクリアフォルダや大きい封筒を選択しませんか? まぁクリアファイルや封筒なんかは、自社のロゴが印刷してあったりしてノベリティ的な側面もありますが、個人で使用しようとするとクリアファイルが一番多…

文房具のディープな世界を垣間見る「さし旅」

6月3日(土)にNHKで放送された「さし旅 - 文房具マニアと巡る熱狂ツアー -」の録画を先日観ました。 まだ観てない人は、6月11日(日)午前1時45分からNHKで再放送されるので、ぜひ録画してください。 ネタバレをしない程度に、これから観る人に補足しようか…

読書のお供に「クリップココフセン」

付箋ってデスクワークの時は、引き出しや小物置き場などの所定の場所から取り出して使うので良いのですが、本を読んでいる時に「あっここ良い」とか思って、いざ付箋を付けようとしても手元に付箋が無いことが多くないですか? 僕はしょっちゅうそんな状況に…

現代の水引き「和ごむ」

僕は水引きって、冠婚葬祭の時にしか見ないです。 もうちょっと日本文化の水引きが身近にあってもいいよね~っと思っていました。 ただ水引きって簡単そうに見えて、紙紐ってトライしてみたのですが、きれいに結ぶことってどえらい難しいです。そんな水引き…

文房具のフリーペーパー「Bun2」

会社の友人に、どこから文房具の情報を仕入れているのか?っと聞かれました。改めて考えると、どこから仕入れているんでしょう。 やはりWebが大きいと思いますが、欠かさず読んでいる雑誌が2つあります。 1つは、「趣味の文房具箱」という筆記具に特化した隔…

裏抜けやくしゃくしゃになりにくい「競馬新聞で作ったレポート用紙」

レポート用紙って結構紙質が悪いように感じます。 まぁ国産の場合はそうは言っても、いい紙質ですが海外製だと、ホントに書ければいいだろう?ぐらいの紙質だったりします。そんななか、レポート用紙でも書く際に気持ちの良いちょっと変わった紙で作られたレ…

【文房具マンガ】「きまじめ姫と文房具王子」第3話

月刊スピリッツで掲載されている「きまじめ姫と文房具王子」第3話です。 先月号できまじめ姫である文房具にあまり興味のない姫路さんと、文房具王子な蜂谷さんが親しくなった?ようで、今月号はどうなるのか楽しみに読み進めました。今号から消しゴムが主っ…

「文房具王のLet's Try ラリー」第四弾が開催されています

今年の年度末頃に東急ハンズで開催されていた「2017文具祭り」で、「文房具王のLet's Try ラリー」がありました。 以下「2017文具祭り」の記事 pi-suke.hatenadiary.jp 先日、東急ハンズ名古屋店に行ってブラブラしてたら、「文房具王のLet's Try ラリー」の…

男性版「イケメン付箋」を熱く要望します。

付箋ってシンプルなのから、オシャレなもの・可愛いものまで多種多様です。 その中でも、僕が非常に気になっているのが、日本ホールマークさんから発売されている「イケメン付箋」です。 www.hallmark.jp上の画像は、一部のイケメン付箋です。 文房具売り場…

活版印刷、楽しいですよ「organ活版印刷室」

あなたは活版印刷を知っていますか? ある程度の世代の方はご存じかと思いますが、若い人は知らないですよね。 ひょっとすると、ポプラ文庫のほしお さなえ著「活版印刷三日月堂」で知った方も見えるかな。先日、岐阜で活版印刷を行っているorgan活版印刷室…